自己破産の成功は、債務者の強い意思・真摯な態度・信用できる弁護士が不可欠です。

「自己破産」ってご存知ですか?

 

自己破産

もちろん、誰でも一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

 

でも、では実際にはどんなことなのかは、意外と知らない人が多いかと思います。

 

借金で悩んでいて「自己破産」を考えている人、これから実際にしようとしている人、もう一度考えてみませんか?

 

今まさに苦しんでいる人も、予備知識として蓄えておきたい人も、「自己破産」のことをより詳しく理解し、もしもの時に備えてください。

 

 

 

自己破産とは?

 

債務整理の1つの方法手段です。
このことをお話する前に、少しだけ債務整理についてご紹介します。

 

債務整理とは借金を整理し、減らしたりなくしたりすることです。
自己破産以外の方法として、

  • 任意整理
  • 個人再生手続
  • 特定調停

があります。

 

 

こちらのページでもご紹介していますが、最近では「過払い金」というものが発生しました。

 

平たく説明すると、高い利子を払っていた分、安い利子で計算し直したあとの差額が返ってくる制度です。

 

 

この「過払い金」制度のおかげで、近年では任意整理や個人再生、特定調停での債務整理を選択する人が増えてきました。

 

それでも何故、自己破産を選ぶ人がいるのか、
詳しく見ていきたいとおもいます。

 

 

 

まず結論から言うと、自己破産に成功した場合それまでの借金は0になります。

 

これが、他の債務整理とは違う一番の特徴となります。

 

借金を減らすのではなく、なくすのはこの方法だけなのです。
※多額の過払い金返還による例外を除く

 

自己破産にかかる費用は?

 

具体的な構成として、破産手続と免責手続の2つの手続によって成り立ちます。

 

まず破産手続をして、その後免責手続が無事終了して、初めて自己破産の成功といえます。

 

破産手続

 

破産手続とは、自分の持っている資産を換価し、債権者に分配するものです。

 

手続を行うと破産管財人というものが選任されます。
この破産管財人が、資産を次々と換価していくのです。

 

主に、不動産・車は残らないと思っていいでしょう。
その他にも株式やFX口座など、換価できるものは全てなくなります。
ただし、生活必需品とみなされた場合は回避できます。

 

しかし、資産が20万円以下の場合、この破産手続きは直ちに終了します。

 

これは同時廃止決定といって、破産管財人も選任されません。
直ちに次の免責手続に移ります。

 

 

免責手続

 

免責手続とは、残った借金を支払う義務があるかどうかを決めるものです。

 

ここで「支払義務なし」と決定されて、初めて借金が全て0になります。

 

実際には、この手続の間は待つことしかできません。
そして、免責が確定したら、今までの借金の重荷は全て肩からおり、新たな一歩を踏み出していくこととなります。

 

 

自己破産は、効力が大きいことからリスクもその分高いと言えます。
例えば新たな借金は7年間できないとか、一部の職に就けないなど、生活にある程度の制限がつきます。

 

しかし、それまでの借金苦を思えば、そんなことは問題とならないでしょう。
また、申立をしたことは周りの人間に知られませんので、今まで通りの生活も送れます。

 

 

 

その後はしっかりと心を入れ替えることが大切です。

自己破産の成功は、債務者の強い意思・真摯な態度・信用できる弁護士が不可欠です。
大阪で凄腕のプロフェッショナルをお探しの方は下記をご覧下さい。
http://www.cerezocourt.jp/

 

まずは実際に相談してみましょう!