保証人も連名で任意整理を行うことで、保証人に請求がいかないように出来ます。

保証人はどうなる?

 

保証人の疑問

 

借金をするときは大抵「保証人」というものをたてなくてはいけません。

 

しかし、借金をした人間が借金を返す事が出来なくなった場合、最悪「自己破産」という結末を迎えてしまう可能性もあります。

 

もし、借金をした「債務者」に借金を全て放棄できる「自己破産」が認められてしまった場合残りの借金の全ては「連帯保証人」が背負わなければならなくなります

 

また、連帯保証人はその借金を原則として「一括で」支払わなければならなくなります

 

よく「保証人だけにはなってならない」といわれるのはこのためです。
「自分が使ったお金じゃないから支払う義務が無い」なんて言い訳は通用しません。

 

例えば離婚した旦那の借金だから私には関係ない、などと言うことにはならないのです。

 

もしも債務者が借金を返す事がどうしても出来なくなり、「自己破産」という道しか残っていないのであれば、連帯保証人に前もって説明をして謝罪をする必要があります。

 

連帯保証人に何も伝えないまま自己破産をしたりすると、最悪連帯保証人から民事裁判を起こされる可能性があります。

 

連帯保証人に借金を返済する能力が無い場合、連帯保証人も債務整理をする必要があります。
もし連帯保証人も「自己破産」という手段をとった場合、その借金自体が「免責」となります
しかし、自己破産になる場合、自分の所有するもの(家や車など)は全て手放す事になります

 

借金を整理する方法は「自己破産」だけではありません。
任意整理」という手段もあります。
任意整理であれば保証人と連名で行う事で保証人に請求が行かないようにできます。

 

任意整理や債務整理のどちらの方法をとるのであれ、連帯保証人とよく話し合い、トラブルを起こさないように事を進める事が大切です。