自己破産すると住宅や土地や車が換金され一定期間は特定の職業に就けない制限を受けます。

自己破産のデメリット

 

借金をすべて無くす自己破産は非常にメリットがありますが、当然デメリットも大量に存在するのです。自己破産を考えている人は、後で後悔しないように、どのようなリスクがあるのか知っておきましょう。

 

 

まず、最低限の財産以外はすべて無くなります

 

住宅や土地の不動産はもちろん、自動車も換金するため手元には残りません。
自己破産する際には、次に住む場所を探しておかなければならないのです。

ただし、賃貸物件に住んでいる場合は、家賃が払えるならそのまま住んでいて問題ありません

 

 

クレジットカードNG

次に、これも少し考えれば当然ですが、新しく借金したりクレジットカードを作ることは出来ません

 

ブラックリストに登録されるので、5年~10年は制限を受けると考えておきましょう。その後も信用されにくいため、借金やクレジットカードの申請は通りにくくなります。

 

 

また、第三者に自己破産したことが発覚する可能性が、ほんのわずかですがあります

 

国が発行する官報に住所や氏名が記載されますが、あまり見ている人は少ないので気にしなくても大丈夫でしょう。しかし、何かのきっかけで発覚するかもしれないと覚悟はしておきましょう。

 

 

そもそも、ギャンブルや遊ぶために借金をしている場合は免責決定されません
自己破産しても返済は続けなければならないのです。

 

遊ぶだけ遊んで自己破産しても借金は残ったままなのです。
借金が無くならない例外が存在するので注意しましょう。

 

 

他にも、特定の職業に就職できない制限を受けます

 

弁護士や司法書士、保険関係や警備員等の職業に就けないことになります。
これは半年程度かかる自己破産の手続きが完了すれば、問題なく就くことができます。
一時的な就業制限だと思っておきましょう。

 

 

このように、借金を無くすには様々なデメリットを受けるようになります。
とは言え、返済できない借金に苦しむぐらいなら、自己破産の手続きをして再スタートするのが良いでしょう。家族と話し合い、今度は失敗しない将来設計をしてください。