借金が0になったとたん、心にあった重りが取れたような気がして、これから先もしっかり生きていこうと思えるようになりました。

東京で債務整理をされたNさんのお話です。

実体験

若い頃から消費者金融を利用し、雪だるま式に膨れ上がった借金は最終的に600万円になっていました。

月々の返済に当てる金額は、収入の半分です。

 

 

もちろん、生活は貧しいもので、生活費が足りずに、また消費者金融に借りてしまうこともあります。
それよりも辛いのが、日々の取立てです。

 

 

家はもちろん、実家・職場にも多大な迷惑をかけてしまいました。
職場は、最初は私の事情も理解してくれて見逃してくれていましたが、数ヶ月前とうとう辞職することになりました。

 

 

このままでは死ぬしかないと、本気で考えていました。

 

 

親戚から自己破産を勧められ、こちらの事務所にご相談させていただきました。

 

 

現在無職でいること、返済能力がないこと、持ち家やその他めぼしい財産がないことで、すぐに自己破産の手続きをとることになりました。

相談

いい歳して情けないですが、当時は本当に生きる気力もなく、全てを親類と弁護士さんにお任せしてしまっていました。

 

 

それでも、取立ての恐怖がなくなったことや、実家に戻ったことで、少しは心も安定していたころでした。

 

実際に手続きが始まるとあっという間で、気がつけば全てが終わっていました。
600万円あった借金が、0になったのです。
とたん、心にあった重りが取れたような気がして、これから先もしっかり生きていこうと思えるようになりました。

 

今は実家の家業を手伝いながら、社会復帰を目指しています。
私を救ってくれた皆様には感謝してもしきれないくらい、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さぁ!実際に相談してみよう!