個人再生は仕事で一定の収入があるなら借金を5分の1にして長期間返済を行えるようになります。

個人再生とは?

 

個人再生とは、裁判所で債務整理手続きを行い、借金を減額することを目的としたものです。

 

借金の返済額を大幅に減らし、債務者の人が人生をやり直せるようにするため、個人再生と呼ばれています。

 

 

借金を返済する上で有効なのは、

  • 借金を現実的に返済できるようにする「任意整理
  • 完全に債務を無くして新しく生活を始める「自己破産」
  • 任意整理と自己破産の中間にあたる「個人再生」

です。

 

 

メリット

自己破産と同様に裁判所に申立てをしますが、債務は完全になくならず、大体5分の1程度に減額して、任意整理のように長期間の分割払いにしてもらう制度だと言えます。

 

ダウン

1年で1,000万円を支払う必要があった場合、個人再生を行ったらどうなるでしょうか。

 

支払い期間は3年~5年で、金額は200万円に減額されます。つまり、1年で1,000万円支払うのが、40万円~70万円になるのです。

 

これなら現実的に返済が可能になるでしょう。

 

自己破産と違い住宅や車などを手放す必要もないため、借金を返済してやり直したいなら個人再生は有効です。

 

他にもメリットがあります。
個人再生の手続きが完了すれば、財産を差し押さえされることが無くなります

 

中には、給与が振り込まれた直後に差し押さえられる場合もあるので、これを回避できるのは大きなプラスです。

 

借金が減った上に、長期間の返済が可能になる非常に魅力的な制度です。

 

 

 

デメリット

誰もが利用したくなってしまう夢のような制度に感じるかもしれませんが、デメリットも存在します。

 

まず、今後5年~10年は借金が出来なくなります

 

さらに、返済できるだけの収入が無ければ、そもそも個人再生の手続きはできません
無職だったり、仕事が安定しないと却下されてしまいます。

 

他にも、住所や氏名が官報という国が発行する機関紙に掲載されます。
そのため、友人知人や会社に個人再生をしていることが発覚する可能性があります

 

 

 

仕事で一定の収入があるなら個人再生を行い、やり直すのをおすすめします。
このまま借金地獄になるよりも遥かによい選択肢だと言えます。