任意整理を行えば、将来発生する利息の免除や分割払いなどにも応じてもらえる可能性があります。

任意整理とは?

 

借金に困った人でなくても、任意整理が何なのかを知っておきましょう。
これを知っていれば、近くで借金に困っている人がいれば解決の手助けをできます。

 

 

任意整理とは、司法書士が債務者の年収や貯蓄額を見て、現実的な返済方法を借金元と交渉して合意させることです。

 

借金で困った人が最もよく利用する方法でしょう。

 

例えば、利息制限法の上限金利を超える金利で消費者金融と取引がある場合には、違法な利息分を差し引いた返済額をまとめてくれるので、借金の総額が減るのです。

 

また、過去に余分に払い過ぎているなら、それを取り返す手続きも行ってくれます。

 

 

さらに、将来発生する利息を免除してもらう約束を取り付けてくれる可能性もあります。

 

これは消費者金融にしてみたらマイナスのデメリットですが、お金をまったく返済せずに自己破産されるよりは良いと考えるためです。

 

別のケースでは、本来の支払いとは違った分割払いなどに応じてもらえる可能性もあるでしょう。

 

このように任意整理を行えば、債務者が返済可能な形になっていくはずです。

 

NG

 

しかし、任意整理はあくまでも任意なのです。
法的な拘束力はありません。

 

そのため、消費者金融によっては応じてくれない場合もあります

 

もちろん、利息制限法の上限金利を超えている場合は正しい金額にしてくれますが、将来の金利をカットしたり、細かい分割払いにしたりは相手次第となります。

 

消費者金融は利息で利益を得なければいけないため、貸したお金を返すだけでは儲からないのです。

 

 

ここで、任意整理のメリットとデメリットをまとめてみます。

メリット

メリットは、違法な金利だった場合は、正しい金利に修正されるので返済額が減ります。
状況によっては将来の利息がカットされる場合があるので、やはり返済額が少なくなります。

デメリット

デメリットは、約5年間借金をすることができなくなります

 

任意整理とは、借金に困っていることであり、お金の管理が出来ないというレッテルが張られるのです。ブラックリストに登録されると考えましょう。

 

他にも、任意整理を行っても応じてくれない消費者金融があるので、現状が打開できない可能性があります。

 

 

いろいろなメリットとデメリットがありますが、自己破産のような最終手段を考える前に、まずは任意整理を行うようにしましょう。