借入している金額や借り入れが1社なのか複数社なのかで金額も大きく変わってきます。

借金問題解決にかかる費用

自己破産以外にも、借金問題を解決するためには債務整理の費用が必要になってきます。

 

各事務所・弁護士・司法書士ごとに金額の差はありますが、大まかな例としてみていきたいと思います。

 

まずは自己破産を行う場合です。

他の債務整理も同じですが、着手金と報奨金が発生します。

これらは、着手金が20万円程度、報奨金が20万円程度が相場です。

 

 

他に、過払い金が返ってきた場合は、その21%が支払われることもあります。
また、切手代や印刷代などは実費としてこれらと別で請求されます。

 

 

他の債務整理、例えば任意整理や個人再生の手続きなどは

 

取り扱う金額によって請求される金額も変わってきます。
ただしこちらの場合も、過払い金が変換された場合には、21%の請求がされることとなります。

 

 

借入している金額、1社なのか複数社なのかで金額も大きく変わってきます。

この費用は、分割払いが可能な事務所もありますので、その後も計画的にきちんと生活を送るためには、この分割払いを利用するといいでしょう。

 

 

費用

お金は人生を左右する大きな力を持っています。

この問題を解決するためには、やはりそれなりの費用は覚悟しなければならないようです。

 

実際に着手する前に、費用についてもきちんと話し合う必要があります。

 

まずは無料相談をしてみましょう