特定調停とは裁判所で話し合の場を設けて双方が合意できる返済計画を立てることです。

特定調停とは?

 

借金に困った場合には、特定調停という選択肢も存在します。

 

これは、借金があり経済的に破産する可能性がある人だけが利用できます
貯金が残っていたり、借金返済に使える財産があると利用できない場合があります。

 

さらに、今後3年~最長で5年かけて返済を遅延したり滞納しない可能性が高い人でなければいけません。仕事で安定した収入が見込めない人や無職だと支払い能力が無いと見なされてしまいます。

 

そして、特定調停が行われると、債務者と債権者が話し合って返済方法を決めます。

 

これはあくまでも話し合いです。
話し合いがまとまらなければ不成立となり、現状は何も改善されないでしょう。

 

任意整理の場合は司法書士が間に入ってくれますが、特定調停は個人で話し合いを調整しなければなりません

 

お金を貸している側からしたら、返済できない理由を説明しても納得してもらえる可能性は低いと言えます。

 

 

メリット

この特定調停には手続きが簡単なメリットがあり、裁判所が判断してくれるので公正です。

 

任意整理は、司法書士が判断するため、債権者側に有利な形でまとめてしまう可能性もあります。
しかし、特定調停であれば裁判所が公正な立場で判断してくれるので安心でしょう。

 

費用が安いのも特徴ですし、自己破産とは違うので、住宅や車などを手放さなくて問題ありません

 

債権者から財産を強制的に差し押さえされるのも停止できるため、無理やり回収される可能性は無くなります。

 

 

 

デメリット

バツ

条件が整えば非常に効果的だと言えますが、デメリットもあるので注意しましょう。

 

まず、特定調停の決定時に作成される調停調書は確定判決と同等の効力があります

 

どう言うことか説明すると、話し合いでまとまった返済計画が実行されないと、強制執行により財産を差し押さえられてしまいます

 

法的に有効な差し押さえのため拒否することはできません。守れない約束をすれば身を滅ぼしてしまうのです。

 

 

 

特定調停を行う場合は、しっかりと知識と対策を持って行うようにしましょう。
そもそも話し合いがまとまらずに不成立になる可能性があるのも忘れないようにしましょう。

個人再生についてはこちら